店長あれこれ

5

SNSの隆盛とともにFacebookがまた更新され、一部でトラブルが起きているようです。
当方も、これまでのページに投稿できず、ついにもう一つのページに変更しました。

https://www.facebook.com/chunichishuppan.jp ですのでよろしくお願い申し上げます。

時間をかけ最初からやりなおせばいいとは思いますが、SNSだけに関わっていることもできませんのでご了承ください。
以前からtwitterよりもFacebookを・・という声が大きくずーっと考えてはきましたが、ついに周囲の声にも押され「Facebookページ」を始めました。
https://www.facebook.com/chunichishuppan

twitterは10年程度の経験があり、同じようなものという感覚でとっかかりました。

すると、個人情報を次から次へと聞かれました。大学、高校の入学、卒業年を始め年齢はもちろん、一番驚いたのは、新規購入した会社用スマホを使わず、2年ほど使っている個人用スマホを一時的に使った半日ぐらい後のことでした。

いつどんなきっかけでアプリをダウンロードしたのか不明ですが、「Messenger」というアプリが個人のアドレス帳を全部コピーして"友達リクエスト"を自動的に発信していたのです。
おそらく、このことはどこかに明記してあったのでしょうが、それを見落としたのは自己責任でしょうから文句をつけるわけにもいきません。
他のSNSでも同じようなことがあると友人が教えてくれたのですが・・。
もちろん、messenngerに登録された個人情報は可能な限り削除したわけですが、その作業中の憤りは近年味わったものではありませんでした。

おかげで"友達"があっという間に増えるのですね。(*_*;
Twitterも「アンケート」などの新機能が次から次に発表され、Instagramの急激な新機能に対抗しているようにも見えますが、24時間で消えるはずだった「ストーリーズ」が自動で「アーカイブ」化され、「ハイライト」機能で一般にも公開されるという短期間でのInstagram大変革の真意はわかりません。

Instagramも少し慣れてくると、今のお祭り騒ぎにさせた魅力が身近なものになってくるようです。それと海外からの投稿の言葉を超えた質の高さは、日本人には心地いいものなのかも知れません。

しかし、このブームがいつまでも何年も続くわけはありません。
紙の本の「安心感」は大ブームになることはなくとも、今後も生き続けることは間違いありません。
言うまでもなく、驚きの声があちこちからあった。
さらに、健康食品や他の出版社の本まで!

どれも、ある程度の反論は想定内のことであり、それらをまとめ上げることができれば、
ありきたりのサイトから、一皮むけた魅力に満ちたサイトに成長できるのではないか・・
というのが本音。

それぞれの扱い方には試行錯誤を繰り返しており、もう数か月楽しみながら見ていただきたい。