並行輸入の現状とAACDの不正商品排除への取り組み
AACD(日本流通自主管理協会)は、関係機関、団体及び関連企業ともに不正商品排除をめざしております。この団体には「協会基準マニュアル」があり、このマニュアルの厳正なチェックをクリアして初めて商品となります。
弊社の並行輸入ブランド品は、すべてこの協会会員の仕入れによるもので、海外の正規サプライヤーを通して日本人のスタッフが直接買付けていますので、ご安心してお求めいただけます。

AACDには一般の消費者を対象にした「AACD消費者Q&Aセンター」が設置されておりますので、並行輸入ブランド品にご質問等がございましたら、下記までご相談ください。

フリーダイヤル 0120-786-470 平日10:00~16:00

並行輸入の歴史

なお、AACDが「AACD会員を騙るネット企業一覧」を公表していますので、興味のおありになる方はGoogleで検索してください。2018年10月現在、2017年6月までの366件のサイト名などを掲載。pdfで13枚のリストになっていて相当なものです。(転載、引用などは禁止されています)


※正規販売店で販売するトップブランドの商品でも「ギャランティカード」が必ずあるわけではありません。これがないことで真正品であることを疑うのは誤りです。逆に並行輸入でも「PRADA」のように備わっているものもあります。

※昭和45年2月27日の大阪地裁の判決が並行輸入を権利侵害にあたらないと判断して以来、商標権に係る真正品の並行輸入は、税関では商標権の侵害にあたらないものとして取り扱われています。(経済産業省HP)
http://www.meti.go.jp/policy/ipr/ipr_qa/qa02.html