「ピラミッド建設の謎を解く オシリスの設計図 <上巻> 」 俵谷宗作

「ピラミッド建設の謎を解く オシリスの設計図 <上巻> 」 俵谷宗作

販売価格: 2,381円(税別)

(税込価格: 2,571円)

在庫わずか
数量:
長年 ゼネコンの建築設計を手掛けてきた著者が、
ピラミッドの設計について研究した成果を発表。【上巻・下巻】

上巻では 世界各地の古代遺跡や、地球の回帰線、天体、古代文字との
不思議な関係について、多くの図面や写真を用いて解説する。

      著者 俵谷 宗作

--------------------------------------------------
B5判 132頁 (B5図版数 21※)
定価 : 2,381円(税抜)
ISBN978-4-88519-306-4
C0022 \2381E



<目次>

はじめに

第一章 ギザのピラミッドと天体の関係
     ▽ギザのピラミッド建設の時代
第二章 ギザ台地はピラミッド設計の製図版のようだ
     ▽大スフィンクスとスフィンクス神殿の謎
     ▽第2河岸神殿の秘密
     ▽ギザ台地に太陽・地球・金星・火星の姿が浮かび上がる
     ▽第3ピラミッドと神殿の謎
第三章 ギザの台地に現れる大ピラミッドの断面詳細図の謎
     ▽大ピラミッドの断面図と平面図の不思議な関係
     ▽第2ピラミッドの断面図と平面図の不思議な関係
     ▽第2ピラミッド葬祭殿の謎 
第四章 ヌビア砂漠とストーン・ヘンジ遺跡 マッターホルンの不思議な関係
     ▽ヌビア砂漠とカルナックの石の列柱、およびゴトランド島の遺跡との不思議な関係
第五章 ピラミッドの形と建設方法について
     ▽ピラミッドの形は、なぜ四角錐なのか
     ▽ピラミッドはどのような技術で建設されたのだろうか
     ▽2・3・4の数字の謎
     ▽古代エジプト文明について思うこと
     ▽ファラオたちの像と古代エジプトの国家統治について
     ▽ヒエログリフはどのように生まれたのだろうか
     ▽ミイラ造りはどのように始まったのか
     ▽なぜ古代エジプトに黄金文化が始まったのか
     ▽ユダヤ教・キリスト今日・イスラム教について
第六章 金星と地球の環境変化および惑星間移住の可能性について
     ▽金星はどのような惑星なのだろうか
     ▽移住者たちの姿や形は、どのようなものだったろうか

あとがき


<B5図版>
※この研究に使用した図面は、再現性を重視するため、すべてよく知られているものばかりを使用したので、
誰がやっても同じ結果がでるはずである(はじめに抜粋)

図1 古代エジプト説明地図
図2 ギザの現状地図
図3 ギザの三大ピラミッド
図4 ギザ台地に現れるピラミッドの断面図
図5 大スフィンクス・スフィンクス神殿と第2河岸神殿の謎
図6 太陽と地球型惑星の天体相関図
図7 ギザ台地に太陽・金星・地球が浮かび上がる
図8 第3ピラミッドにも天体線現れる
図9 第3ピラミッド葬祭殿・河岸神殿の謎
図10 第3ピラミッドの玄室の不思議
図11 大ピラミッドの断面図
図12 大ピラミッド断面図と平面図の不思議な関係
図13 第2ピラミッド断面と平面の不思議な関係
図14 第2ピラミッド葬祭殿の謎
図15 大ピラミッド平面と地球の回帰線の不思議な関係 ※添付画像あり
図16 第2ピラミッド平面と金星の回帰線の不思議な関係
図17 非常によく似た二つの遺跡(ストーン・ヘンジとサルミゼゲッツァ)
図18 地球儀上に現れる幾何学模様
図19 地球儀の説明図
図20 「人類の進歩と文化の進歩」
図21 文字の変遷 



<参考>
・ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/オシリス

・WIKIMEDIA COMMONSの「オシリス関連画像」
https://commons.wikimedia.org/wiki/Category:Osiris?uselang=ja

・電子書籍 「世界神話事典 世界の神々の誕生」 213-216p (当該頁にはリンクしていません)

「ピラミッド建設の謎を解く オシリスの設計図 <上巻> 」 俵谷宗作

販売価格: 2,381円(税別)

(税込価格: 2,571円)

在庫わずか
数量:

レビュー

0件のレビュー