DENTS DE LAIT, DENTS DE LOUP. artist: Jacques Villon. author: Henri Pichette. publisher: Pierre de Tartas. Paris, 1959. [特別出品]

DENTS DE LAIT, DENTS DE LOUP. artist: Jacques Villon. author: Henri Pichette. publisher: Pierre de Tartas. Paris, 1959. [特別出品]

販売価格: 550,000円(税別)

(税込価格: 594,000円)

在庫わずか

商品詳細




この場でこの作品を掲載する予定はまったくなかったのですが、弊社の懐の深さを少しお見せしようというある意志がきっかけになりました。
というのは、相当に「版画」に親しまれた方で「ジャック・ヴィヨン」を知っておられる方とか、ピカソ、ブラックなどのキュービズム作品に親しんだことのある方などの眼に触れれば、興味を抱いていただけるのではなかろうか・・という思いからです。


※販売在庫は完品1セットです。


DENTS DE LAIT, DENTS DE LOUP.
artist: Jacques Villon.
author: Henri Pichette.
publisher: Pierre de Tartas. Paris, 1959.
page size: 380 × 280 mm.
medium: Etching Aquatint
edition: 211 


※ブログにこのアイテムが紹介されました。http://bit.ly/2A4q6Z3

>>筆者了承の上、下記に転載させていただきました。


名古屋の中日出版がWEBショップのカテゴリ「逸品」に1959年に刊行された「DENTS DE LAIT DENTS DE LOUP」という詩画集を掲載した。
詩画集といっても本屋に並ぶものとは全く違い、A2サイズ大のアルシュ紙(版画用紙)が2つ折りになって左側にPOEM、右面の上半分か全面にエッチングやアクアチントの技法を駆使した銅版画が20点近く摺り込まれている。もちろん、プレートマークも入っている。
(裏側は無地)
さらに5〜6点はA2サイズ大で別摺りになっている(折れ目有)
全頁が2つ折りで、ジャック・ヴィヨン特有のスピードのあるタッチで描かれた「花瓶の花」が特殊な和紙(?)に摺られ(エッチング)た作品を表紙代わりにして全頁をくるんでいる。そして全てが布張りの函(タトゥー)に収められている。

"頁"というと、製本されているようだが、すべてが2つ折りになっているだけで製本はされていない。

また、artist(VILLON),author(詩人),publisher(発行人)三者の鉛筆サインがシリアルNo.=28の下にある。

この記事を書くのに某専門家の知識を拝借したが、自ら調べたところ、このタイトルは1967年にTV放送されたフランスの音楽番組の原題で「ダン・ドゥ・レ、ダン・ドゥ・ルー」と読むらしい。

JACQUES VILLONは「フォービズム」「キュービズム」「抽象」と変遷した世界の美術史でも一級の作家だが、日本ではさほど認知されておらず、美術館収蔵作品も少ないようなのが少々残念。
先の専門家によれば、"この作品は「キュービズム」というよりは、ヴラマンクなどの「フォービズム」の要素が相当な部分を占めている"ということ。

そこで、この機会に、難解な「キュービズム」についても改めてもう少し理解できないものかと思ったが、ネットの検索では
http://www.momas.jp/Cubism/quiddity.html
が比較的読みやすいように思った。

今回の貴重な経験で数点を撮影させてもらい、額装し眺めていたら、日ごと馴染んできたのか記憶に明確に残るようになった。
これが絵の持つ力なのかもしれない。



twitter http://bit.ly/2hyRPdO









※上の3点の画像は周囲を数ミリ分カットしてあります。


レビュー

0件のレビュー